そもそも結婚とは?体験者に聞いてみた(パート1)

何事においても実際に経験してみないとわからないという部分がほとんどです。簡単に経験できるものであればいいのですが、中にはそう簡単に経験できるものではないということもあります。そのひとつが結婚です。そもそも結婚というのはどのようなものなのでしょうか?今回は、結婚体験者ということで実際に結婚しているAさんに話を聞いてみました。

・結婚は忍耐だと思っています

個人的に、結婚は忍耐だと思っています。忍耐というと毎日つらいことに耐えているようなイメージに思われるかもしれませんが、そういうつらいものではなく、本当にちょっとしたことを我慢することの連続という感じです。例えば、本当はアイスクリームを食べたいけど、相手がダイエット中なので自分も一緒に我慢するといった感じでしょうか。本当にちょっとしたことです。

こういう話をすると「そういうのが積もりに積もっていつか爆発するんじゃないの?」と言われることも多いのですが、ため込む感じの我慢ではなく、何と言うか相手への思いやりだと考えています。一緒になった相手を思いやるための我慢だからこそ、苦にならないというかそれが普通になっていく感じです。

一人暮らしをしていると、やはり自分中心の生活になります。誰もいないからこそ自分以外の誰かを考えて我慢する必要もありません。ですが、結婚して一緒に暮らすとなると、常に相手がいるわけですから、常に相手のことを考えて我慢する必要が出てきます。これがどちらか一方だけに強いられているのであれば問題でしょうが、お互い様です。自分が我慢しているように、相手も口に出さずにどこかで我慢しているだろうから円満な関係でいられるのだと思っています。

・結婚して人として成長できました

正直なところ、一人暮らしのほうが楽でいいなと思わないこともありません。たまに一人暮らしや実家暮らしに戻りたいと思うことは、誰にだってあると思います。それでも結婚してから毎日が楽しいですし、先ほどの忍耐の話も含めて人として成長することができたと感じています。

何と言うか、ただのルームシェアだとここまでの成長はなかったと思います。結婚して、お互いが家族になったからこそ相手のために我慢することが平気でできるようになったという感じでしょうか。自分が相手のことを思いやっていることは伝わっているでしょうし、相手が自分のことを思いやってくれているのも伝わってきます。こういうところは素直に「よかったなぁ」と思えます。

・すでに老後が楽しみです

結婚するにあたってそこまで派手なアクションを起こしているわけではないので、恋愛のときのようなドキドキやワクワクというのはほとんどありません。そういうのは結婚する前の交際期間でそれなりに味わったという感じでしょうか。結婚後は本当に落ち着いた大人の関係というか、お互いに余裕があります。

日々を淡々と過ごしているのですが、それがお互いにとっての幸せです。老後はもう少し先のことなのですが、それでもすでに老後が楽しみになっています。結婚するにあたってまったく気持ちが揺るがなかったといったら嘘になりますし、結婚するからこそ悩んだこともたくさんあったのですが、今は結婚して本当によかったと思っています。むしろ、結婚してなかったら悲惨な状態になっていただろうし、後悔しっぱなしで人生を終えていたかもしれません。

そもそも結婚とは?体験者に聞いてみた(パート2)

結婚を経験したことのない方にとって、結婚というのはまさに未知の世界です。世の中には結婚のことを「紙1枚の契約」などと表現する方もいますが、結婚というのはそう簡単なものではありません。だからこそ、結婚するまでにも苦労しますし、結婚をしてからもいろいろな経験をすることになるのです。今回は、結婚経験者ということでBさんに結婚について聞いてみました。

・他人と家族になるという感覚が新鮮でした

当たり前のことなのですが、結婚すると赤の他人と家族になります。実際に結婚を経験してみると、これが思っている以上に新鮮な感覚でした。それまでは家族といったら祖父母や両親、兄弟姉妹といった血のつながった家族だけだったのに、つい最近まで赤の他人だった人が家族になるのです。これは実際に経験してみないとわからないと思うのですが、本当に不思議な感覚です。

ただ、やはり赤の他人から家族になったからこそのトラブルもありました。例えば、両親だったら「あれ取って」と言ったときにすぐわかるのに、結婚相手に「あれ取って」と言ってもわからないといった感じでしょうか。今までの家族間での当たり前は、結婚相手には当たり前ではないわけです。もちろん、結婚相手の言っていることがわからないという逆のパターンもありました。

幸いなことに、お互いにもともとそこまで怒るタイプではなかったので、大きな喧嘩に発展するようなことはありませんでした。それでもちょっとイラっとしてしまって気まずくなるというようなことはありました。お互いに根に持つタイプでもなかったので、そういうことを引きずることもありませんでしたし、「次から気を付けよう」とひとつひとつ学習していく感じでした。

・結婚してからわかったことも多いです

うちは結婚前に結構時間をかけたので、相手のことをよくわかったつもりになっていました。ただ、実際に結婚してみると結婚してからわかるようになったことも多いです。というよりも、それがほとんどでしょうか。付き合っている間は知っているようでまだまだ知らなかったんだなぁ……と痛感させられました。

ただ、冷静になって考えてみると当たり前のことでもあります。というのも、長い間一緒にいる家族ですら「え、こんな一面があったの!?」と驚くことはありますし、考え方や趣味嗜好が変わっていくこともあります。ようやく結婚して家族になったばかりの相手なのですから、よくわかったつもりになっていたほうがおかしいのです。

結婚してからわかったことの中には驚くようなものもあったのですが、個人的には「こういう一面もあったのか~」と惚れ直すというか好きになれる要素がたくさんあったように思います。のろけのようになってしまって申し訳ないのですが、新しい一面がたくさんわかって飽きることなく、毎日が楽しいです。

・結婚して世界が広がり楽しくなりました

相手とはそれまで育ってきた環境も違えば、考え方や性格も違います。だからこそ、ぶつかり合うこともあるのですが、結婚して世界が広がったと感じています。というよりも、結婚前は狭い世界で生きていたという感じでしょうか。

いろいろなことを知って、受け入れてということを繰り返していくと、視野も世界も広がります。結婚したからこそこういう経験ができていると思いますし、本当に毎日が楽しいです。このままずっと一緒に結婚生活を送っていけば、どんどん世界が広がってもっと楽しくなっていくのかなと期待しています。

そもそも結婚とは?体験者に聞いてみた(パート3)

結婚がどのようなものなのかは、実際に結婚してみないことにはわかりません。ただ、結婚というのはそう簡単にできるものではありません。相手がいてこそできるものですし、タイミングもあります。そうは言っても、婚活中の方であれば嫌でも「結婚ってどんなもの?」と考えてしまうものです。今回は、結婚経験者としてCさんに話を聞いてみました。

・しっくりくる人と出会って結婚しました

恋愛経験がないわけではないのですが、一般的に考えると少ないほうでした。ただ、付き合ってきた人というのは全員何となくしっくりこなかったんです。これはもう感覚です。日常的なちょっとしたやり取りに違和感があるとかそういうレベルです。素のままの自分だと違和感があるから、自分が演じてその違和感をごまかそうとしていたんです。中にはプロポーズしてくれた人もいたのですが、まったく考えられませんでした。

「あー、もうこれは一生独身かな」と諦めかけていたときに、出会ったのが今の結婚相手でした。人生で初めてしっくりくる相手と出会ったのです。これもうまく言葉で説明することができないのですが、やり取りをしているときに「こう言えば相手はこう返してくるだろうな」という予想がついてその予想通りになったり、「こう言えば伝わるだろうな」というのがきちんと伝わったりという感じです。とにかく違和感なくやり取りができるんです。

やり取りするのに違和感がないから、コミュニケーションが深まるというか積極的にコミュニケーションをとりたくなります。そうすると相手のこともどんどんわかっていくし、相手も自分のことをわかってくれるし……という感じで、気づいたときにはかなり仲が深まっていました。結婚は本当に当たり前のように、自然な流れでした。

・結婚して改めてこの人しかいないと思います

結婚相手は自分の体にフィットしてくれるクッションのような存在です。結婚して改めて自分にはこの人しかないと思うようになりました。例えば、他の人にされたら嫌なことでも結婚相手にされたら嫌ではないとか、普段なら怒るようなことでも結婚相手なら許せるとかそういうことの積み重ねです。

怒りっぽかった自分が結婚してからとても穏やかになりました。これは周りからもよく言われます。結婚相手が包み込んでくれるからこそ、自分に余裕が出てくるようになったのかなと思います。何でもないことが幸せに感じられますし、この人だからこそ自分もいい方向に変われたのだと思います。

・自分にとっての結婚は安定です

結婚相手は自分と一緒になって毎日が楽しいと言ってくれますし、同じように感じています。ただ、それだけではなく、個人的には結婚と同時に安定も得られたのではないかなと思います。結婚できたという安心感とは別の安定感でしょうか。しっかりと支えられて、気持ち的にも安定していて、とても穏やかでいられるのです。

結婚する前は「安定するために結婚する」という意見がよく理解できなかったのですが、今になって「ああ、こういうことだったのか」と腑に落ちました。安定するために結婚したわけではないのですが、結婚したことによって結果的に安定を得られましたし、とても幸せな気持ちで毎日を過ごせています。自分は晩婚だったのですが、婚活をしている人には是非しっくりくる人を見つけてほしいですし、諦めないでほしいと思います。

コラム一覧に戻る