婚活で上手くいく方法

これはダメ!婚活サイトのNGメール

婚活サイトでいいなと思う相手がいれば、メールでやり取りをすることになります。メールでのやり取りで仲を深めていき、実際に会うというところまで持っていくのです。そういう意味でもメールは本当に重要なポイントとなってくるのですが、メールで失敗している方も少なくありません。ここでは、婚活サイトにおけるNGメールについてご紹介していきたいと思います。

・挨拶や言葉遣いがなっていない

婚活サイトに限ったことではないのですが、出会いの場において距離感を間違えてしまう方は少なくありません。初対面であるのにも関わらず、まるで親しい友達同士のように振る舞われるとやはり相手も引いてしまいます。その振る舞いひとつで警戒心をMAXまで高めてしまうかもしれません。

婚活サイトのメールも同じです。初対面の相手から「どうも~。今ヒマ?」というメールが送られてきたらどうでしょうか?その時点で「絶対にないな」と思う方がほとんどでしょう。ある程度の年齢になってくると礼儀やマナーにも厳しくなりますので、余計に許せなくなってしまうかもしれません。

挨拶ができない上に言葉遣いがなっていないメールというのは、絶対にNGです。自分が同じようなメールを受け取ったときの気持ちを考えれば、こういうメールは絶対に送れないでしょう。どれだけ魅力的な相手に送ったメールだったとしても、挨拶や言葉遣いがなっていないメールを送ったのであればそれで終わりと考えたほうがいいです。

・一方的に話したり質問をしたりする

素敵な相手を見つけると、相手と話したいという気持ちも高まりますし、相手のことを知りたいと強く思うようになるでしょう。しかしながら、その気持ちのままに一方的に話したり質問をしたりすると相手は引いてしまいます。これも自分が同じようなメールを受け取ったときの気持ちを考えればおわかりになるでしょう。

プロフィールに趣味が登山と書いてあるのに、「はじめまして。私の趣味は料理で……」と一方的に自分の趣味の話をしてくるような相手をどう思うでしょうか?自分の話がしたいだけで、相手のことをろくに見ていないと勘違いされても仕方がありません。

かといって、相手のことを知りたいからと質問責めにするのもいけません。「趣味は何ですか?」「好きな食べ物は何ですか?」「今何をしていますか?」「どういう人が好みですか?」……このように思うままに質問責めにしてしまうと、相手は相手で何かしらの面接を受けているような気持ちになってしまうでしょう。

・すぐに会おうとする

これは現代人全般に言えることなのですが、現代人は過程よりも結果を重視するようになっています。しかも、結果に関してはスピードも求めるようになっています。最近では「インスタント思考」と表現されるようなのですが、すぐに結果を求めてしまう傾向が強いのです。そのため、婚活サイトにおいてもとにかくすぐに会おうとする方が少なくありません。

もちろん、お互いにフィーリングが合ってすぐに会うとなれば問題はないのですが、メールでのやり取りでろくに仲も深まっていない状態ですぐに会おうとするのはよろしくありません。それこそガツガツしていると引かれてしまうかもしれません。気持ちが焦っている方であればあるほどすぐに会おうとするのですが、婚活において焦りは厳禁です。せっかくの良縁も焦りひとつでダメになってしまうことがあるのです。

婚活サイトで相手に好印象を与えるメールの書き方

婚活サイトで相手との仲を深めるために欠かせないのがメールです。しかしながら、このメールでのやり取りで失敗をしている方も少なくありません。大切なのは、メールで相手にどれだけの好印象を与えられるかという部分です。難しく思えるかもしれませんが、相手に好印象を与えるメールを作成するのは難しいことではありません。ここでは、婚活サイトで相手に好印象を与えるメールの書き方についてご紹介していきたいと思います。

・人として恥ずかしくない挨拶や言葉遣い

婚活サイトで相手に好印象を与えるためには、まず人として恥ずかしくない挨拶や言葉遣いといったものを意識していきましょう。基本的に相手とは初めてやり取りをすることになるのですから、友達や家族と同じような感覚でやり取りをしてはいけません。最初はお互いに他人行儀な感じでも、その後のやり取りで徐々に距離を縮めていけばいいだけのことです。

「はじめまして」という挨拶はもちろん、ですます調の丁寧な言葉遣いでのメールを意識していきましょう。「ですよ」「ですね」「ですよね」といった柔らかい印象を与える言葉遣いもおすすめです。逆に、「ですが」で文章を終わらせたり「ですか」といった語尾にしたりすると冷たい印象になる可能性がありますので、全体的に優しく柔らかい印象を意識していきたいところです。

・相手のプロフィールをよく読んだ上で共感している姿勢を見せる

基本的に自分のことばかりを一方的に話すようなメールというのは、嫌がられます。人というのは相手が自分のことを理解しようとしてくれている姿勢や共感に好意的な印象を持つものです。実際に自分の趣味について話を掘り下げてくれると嬉しいですし、共感してくれるとそれだけで警戒心も解けるものです。

メールをする際には相手のプロフィールをしっかりと読み込んで、その中から共通点を見つけて、共感する姿勢を見せましょう。

例えば、相手が趣味のところに料理と書いていたのであれば、「私も料理が好きで、ついつい作りすぎてしまいます。でもおいしくできると嬉しいんですよね。」といった具合です。もちろん、なかなか相手との共通点が見つからないということもあるかもしれません。共通点を見つけての共感が難しい場合には、相手の好きなものを肯定する姿勢を見せましょう。

・教えてくださいというスタンスで質問をする

メールでのやり取りにおいては、やはり相手から返信をもらえないことには続けられません。そこでポイントとなってくるのが質問です。質問をされると終わらせようと思っていたメールでもついつい返信をしてしまうという方は多いでしょう。質問というのは多すぎるとまるで尋問のようになってしまいますので、適度に抑える必要があります。

ケースバイケースではありますが、質問をするのであれば相手の好きなものや好きなことについて「教えてください」というスタンスでいくのが好ましいでしょう。好きなものや好きなことに興味を持ってもらえるのは嬉しいですし、それについて何か聞かれるとついつい教えたくなるものです。

このスタンスであれば仮に相手の好きなものや好きなことにまったく興味がなかったり知識がなかったりした場合でも、やり取りを続けられる可能性が高くなります。それと同時に理解も深まっていくでしょう。質問を通して相手のこともどんどん知ることができますので、効果的に質問を活用していきたいところです。そのうち相手からもいろいろと質問されるようになるでしょう。

婚活で相手に求める正しい条件とは?

婚活に限ったことではないのですが、出会いの場で相手を探すときには条件を設けるのが当たり前となっています。実際に、相手に求める条件をいくつも思い浮かべているという方も多いのではないでしょうか?そういった中で、「正しい条件って何だろう?」と疑問に感じたことのある方もいるかもしれません。ここでは、婚活で相手に求める正しい条件とは一体何なのかということについてお話していきたいと思います。

・正しい条件はない!

婚活で相手に求める正しい条件とは何なのかという話なのですが、結論から言ってしまうと正しい条件というものはありません。というのも、人によって状況が異なりますし、状況が異なるからこそ求める条件も違ってくるのです。万人に共通する正しい条件というのは、婚活において存在しないと言っていいでしょう。

例えば、実家がお金持ちだったり高収入の仕事をしていたりと経済的に余裕のある方であれば、相手にわざわざ経済力を求めるようなことはしないでしょう。逆に、経済的に不安のある方であれば、やはり相手に経済力を求めてしまうかもしれません。他にもご両親との同居や共通の趣味があるかどうかなど人によって求める条件は千差万別です。

自分の家庭環境や経済状況、趣味嗜好……その人の背景まで見ていくと、ひとくくりにすることはできないのです。だからこそ、「正しい条件」というものに縛られてはいけません。婚活においてはこういった条件などに縛られると、身動きが取れなくなってしまいます。万人に共通する正しい条件がないからこそ、正しい条件に縛られることなく柔軟に対応していけるようにしたいものです。

・相手に会って考えが変わることもある

婚活中の方の中には、「これとこれは絶対に譲れない!」という条件があるかもしれません。ただ、自分の中で揺るぎないと思っていた条件でも、実際に相手に会ってから考えが変わるということもあります。これは婚活をしている方の多くが経験することでもあります。

というのも、「共通の趣味は絶対条件!」という方でもいざ相手に会ってみると、「趣味は全然違うけど、一緒にいたいと思える」というようなこともあるのです。こういう変化というのは積極的に受け入れていいものですし、婚活中に自分の考えが変わることは決して悪いことではありません。むしろ、視野が広がったと喜ぶべきことです。

・条件がなくとも婚活は意外に成功する

出会いの場においては条件を設定するのが当たり前とされています。もちろん、その条件によって自分の理想の相手を見つけるという部分もあるのですが、条件というのは数ある異性の中から相手を絞り込むためのものでもあります。要は、選択肢を少なくして選びやすくするためのものでもあるのです。

ただ、逆に言えば自分で問題なく取捨選択ができるようになっているのであれば、条件というのはそう必要ありません。条件がなくとも婚活は意外に成功するものですし、ある程度の年齢を重ねた方の婚活だと条件なしのほうがうまくいったという声も少なくありません。

婚活において条件というのは必須ではありませんし、条件がないと婚活が成功しないというわけでもありません。正しい条件はもちろん、条件そのものに縛られずに思い切って自由に婚活をしてみてもいいのではないでしょうか?今まで条件をつけて婚活がうまくいかなかったという方でも条件をなしにした途端に良縁に恵まれるということもあるかもしれません。

コラム一覧に戻る